在宅医療

往診と訪問診療

病院を退院後、その病院に通院できない場合、開業医が患者宅を訪問して往診や訪問診療を行ないます。
患者さんとその家族が、退院後の自宅療養を希望された場合は、訪問診療、往診を始める前に充分話し合う必要があります。
入院時診療情報、病院主治医の助言、退院時カンファレンスでの協議内容等これら情報は、在宅医療を計画するにおいて大変参考になります。 また、介護サ-ビスを利用する場合は、担当ケアマネさんも交えての話し合いが必要になります。

これら話し合いを経て患者さんと家族の希望に適った開業医を紹介させていただきます。
さらにより重症の疾患にかかっている場合は、訪問看護婦さん、理学療法士さんの参加が必要です。チーム医療を提案いたします。

在宅医療における医療技術

在宅医療を行うに必要な医療技術を下記に列挙いたします。

栄養管理
  • 経鼻胃管
  • 胃瘻・PEG
  • 胃瘻交換
  • 腸瘻
  • 末梢輸液
  • 中心静脈栄養
  • リザーバー(抗がん剤等投与)
  • 自己血糖測定の指導
呼吸管理
  • 在宅酸素療法
  • 吸引処置
  • 吸入療法
  • 人工呼吸器
緩和ケアー・ターミナルケアー
  • 疼痛管理
  • 麻薬
  • 死亡確認
  • 死後処置
  • 24時間対応
その他の管理
  • 褥 瘡
  • 人工肛門(ストーマ)管理
  • 尿道カテーテル
  • 膀胱瘻
  • PNS(皮膚腎瘻)
  • 気管切開の処置
  • インスリン自己注射の指導と管理

以上の各医療技術と管理について、在宅主治医となる開業医が、詳細な説明とアドバイスをさせていただきます。
しかし、たとえば胃瘻管理、点滴さらに自己血糖測定等は、連携を組む訪問看護師が訓練を受けて定型どおり行なえば、なんら問題は生じません。
詳しいことは在宅主治医となる開業医が、直接説明します。

各医療機関の実施可能な在宅医療技術

※下記表はスクロールバーを動かすと全項目が閲覧できます。

医療機関名 在宅酸素療法 吸引処置 褥瘡処置 胃瘻管理 経鼻胃管 麻薬による疼痛管理 中心静脈栄養管理 人工肛門管理 気管切開管理 カテーテル管理 その他 意見・特記事項
足立医院
岩井内科・皮膚科
鎌田医院賀名生診療所
後藤医院
寒川医院
杉崎医院 ポータブルレントゲン撮影 PEG交換は不可
田畑医院
中谷内科医院
ひらい内科クリニック 胃ろう管理は入れかえは不可
槇野医院
山田医院
五條市立大塔診療所 適宜、ご相談ください